コピー機をリースで利用しよう【メリットを事前にチェック】

記事リスト

インクが出にくくなった時

コピー機 プリンターの目詰まりを防ぐには毎日電源を入れ直して、起動時のヘッドクリーニングを行うことが1つのポイントです。急に詰まった際はヘッドクリーニングを行う、それでも無理なら専用のクリーナーで掃除をする、さらにメーカーのアフターサービスを依頼することが必要です。

詳しく見る

レンタルが便利

オフィス

メンテナンスの必要性

オフィスでは、パソコンからの印刷や印刷物をコピーするなどが日常的に行われている。その為、オフィスにおいてはコピー機の導入は欠かすことのできないものとなっている。これらのコピー機では、多くの企業で購入ではなくリースが活用されている。コピー機は、1台当たりの費用が高い機器である。大きなオフィスでも、1フロアに数台など多くの台数を入れる機器ではない。しかし、1台当たりの費用が数十万円程度するなど高額な機器である。また、高額である上、機能向上や性能アップなども行われていくため、機器の性能向上とともに入れ替えたい機器でもある。その為、コピー機ではリースで借りて導入することが一般的である。コピー機のリースでは、機器を借りるのと合わせてメンテナンスを合わせて行ってもらえるサービスが多い。コピー機では、目詰まりや紙詰まりなどにより機器トラブルが発生しやすいものである。その際、メンテナンスが付いていないとその都度費用が発生し、高額な費用を請求されることもある。その点、リース契約では機器と合わせてメンテナンスも含まれていることが多く、安心して利用できることもリース活用の大きな魅力である。コピー機では、大きく分けてモノクロ専用の機器とカラー印刷できる機器がある。モノクロ専用機ではカラー印刷できないが、その分リース代金が安い傾向にある。その為、事務所内に置いてカラー印刷しない場合にはモノクロ専用機器を導入すると良い。

コピーや印刷の必需品

インク

コニカミノルタの複合機を使っていて、印刷するためのトナーの中身が空になった場合は、純正品か代替品と交換しなければいけません。空になったトナーを回収してくれるお店で購入すれば、処分にかかる費用もかからないためおすすめです。

詳しく見る

ものづくりを行う

3Dプリンター

現在では3Dプリンターを導入する製造業が増えています。これは3Dプリンターがものづくりに大きなメリットをもたらすからです。具体的には開発期間の短縮や、コストの削減などです。また作業効率のアップにも大いに役立ちます。

詳しく見る

専門業者に管理を依頼する

固定電話

電話回線を内部で一括管理するのは至難の業です。ビジネスホンをリースで導入すれば、事業規模の変更やスタッフの移動・増減に伴う電話回線の増設・撤去をスムーズに進めることができます。委託をする場合は、安さだけではなく、アフターサービスも重点項目にすると良いでしょう。

詳しく見る

OA機器の利用方法の定番

複合機

企業では様々なOA機器が使われていますが、コピー機などについては機器の代金が高いこともあって、リース契約することが一般的です。初期費用がかからず、保守も含めたランニングコストが一定で、税制面での業務がなくなり、陳腐化が防げるというのが、リース契約のメリットなのです。

詳しく見る