コピー機をリースで利用しよう【メリットを事前にチェック】

記事リスト

OA機器の利用方法の定番

複合機

共用する機器を確保する

企業では様々な機器が利用されていますが、従業員間で共有する機器については、リースを利用して確保することが多いのです。例えばコピー機は多くの従業員で共有しますし、それ自体がFAXやスキャナ、プリンタの機能も搭載されており、高価な製品となります。よってこうした機器はリース契約をすることが一般的なのですが、そのメリットについていくつか上げていきます。まず最初にコピー機や複合機をリースによる月払いにすることによって、その費用を経費にすることができるということです。さらにリース料金の月額費用が明確になるので、年間のランニングコストを把握しやすくなり、予算を考えやすくなるのです。またコピー機まどを所有すると、減価償却や固定資産のことを考える必要がありますが、その業務も考える必要がないのです。次にリース契約では設置などに関する初期費用もかかることはないので、現金を会社の運転資金に回すことが可能です。さらにコピー機や複合機では、トナー代などの保守運用に関する費用もかかりますが、リース契約だと月額費用に含まれるのです。そして見逃せないメリットとして、リース契約はある一定の期間がくれば返却して、新しい機種に入れ替えて、新たに契約します。このことは利用しているOA機器を、陳腐化させることがなく、ある一定のサイクルで最新のものを使えるということになるのです。こういった経費や税制面、そして機器の陳腐化の防止ができるので、コピー機などのOA機器はリース契約するのです。