コピー機をリースで利用しよう【メリットを事前にチェック】

記事リスト

ものづくりを行う

3Dプリンター

よく使われている機器

現在では3Dプリンターを導入する企業の数が増えてきました。3Dプリンターはそのスピードや手軽さから特に製造業の中で大活躍をしています。また、他にも個人の趣味などで使用している方も同様に増えています。3Dプリンターとは3Dのコンピューターのデータから立体モデルを製作する機械のことで、樹脂を固めながら立体が作り出されていきます。この3Dプリンターの用途はとても広く、商品開発の場などでも大いに貢献しています。例えば商品の企画段階でサンプルが必要な場合でも、3Dプリンターを使えば簡単に作り出すことができます。また、テスト用の試作品や派生商品を作ることにも役立ちます。それだけでなく商品の最終製品までもしっかりと対応しているので、3Dプリンターさえあれば、どんな場合でも適切に対処することができます。さらに建築関係でもこのプリンターは活躍しており、建築物や建造物を縮小し、再現することが可能になります。これによりその建物の施行主へのプレゼンも行いやすくなり、完成までのイメージをもちやすくなるのも人気の理由です。Dプリンターを使うことにより、具体的に三つのメリットが生まれます。一つは商品の開発期間の短縮です。自社でプリンターを持つことにより外注するよりも大幅に開発期間を縮めることができます。二つ目がコストの削減です。このプリンターにより作り直しのリスクを減らすことができるので、余計な費用がかからなくて済みます。三つ目が作業効率のアップです。試作品を使い、組み立てや検査が簡単に行えるので、同時に作業効率も上がります。